diary

主にコンピュータ技術関連のことを投稿。 / 投稿は個人の意見であり所属団体の立場を代表するものではありません。

Oculus Go で模様替えの計画を立てた

自分の部屋の模様替えを VR でプレビューしてみた。所要時間は休日1回分程度。想像以上に簡単で、みんなにも試して欲しいのでメモとして残しておく。

使う技術:

  • 100均で売ってるメジャー
  • DesignSpark Mechanical
  • Amazon Sumerian
  • Oculus Go

使ったお金:

  • メジャー: 108円
  • AWS 利用料金: 18円

必要な前提スキル:

  • なし

模様替え計画

部屋の様子および将来の予想図を作っておく。これには 3D モデリングツールが必要で、ラズパイでおなじみの RS Components が提供している DesignSpark Mechanical (無料)というやつが初心者に有用。Windows 専用なんだけど、持ってなければクラウドWindows サーバーでも使えばいい。

右側ペインのチュートリアルが親切で、3D モデリング未経験の私でも 30 分で何かしらの家具を作れるようになった。家具は箱型がベースだからどんどん作っていける。

とにかく家の中を 100均 で買ったメジャーで測りまくって再現した。といってもスムーズに行けば2時間かからないんじゃないかな。

f:id:ishn:20180605014618p:plain5.5畳くらいの tiny なアパートですが何か。

気が済んだら Room.obj として保存する。

f:id:ishn:20180605014630p:plain

すると、Room.mtl というのも作成される。

f:id:ishn:20180605014639p:plain

Amazon Sumerian にインポートする

Amazon Sumerian – VR アプリケーションや AR アプリケーションの構築

Amazon Sumerian ってご存知ない方も多いだろうけど、さっき作ったモデルを Oculus Go で見るために使う。習うより慣れろでとりあえずウェブのコンソールに入りましょう。

Amazon Sumerian - Pricing
AWS は有料だけど私の作成したやつの場合の今月の料金を試算したら 18円くらいだった。
  • シーンのサイズ: 14MB
  • ストレージ料金: 0.014GB * 0.06 USD = 0.00084 USD
  • 転送コスト: 0.014GB * 約30回 * 0.38 USD/GB = 0.1596 USD
  • 合計 0.16044 USD -> 18円くらい
アカウント作って1年以内の人は無料枠があるので 0 円。

AWS のコンソールは非常に多くのサービスがあって戸惑うかもしれないけど今は Sumerian にしか用はない。

f:id:ishn:20180605020434p:plainスクショには RAS症候群 が隠れていますね

入れたらおもむろに Create new scene

左下の Assets のところにさっきの Room.obj , Room.mtl二つとも一度にドラッグ&ドロップする。.mtl は色とか質感の情報が入っていて、これを一緒に入れないと全て灰色になってしまうのだが、後から個別にインポートすることができない。

f:id:ishn:20180605014644p:plain

アップロードが終わったら Assets 中の Room を中央のキャンバスエリアにまた D&D する。

するとマイホームが現れる。暗いのは光源がないから。後から入れるので大丈夫。

f:id:ishn:20180605014649p:plain

XYZ の軸が DesignSpark と異なるためひっくり返ってしまっている。左上側 Entities でさっき追加した Room が選択されていることを確認し、右側の Transform を次のように設定する。

f:id:ishn:20180605014653p:plain

中央上の Create Entity から pointlight を追加。矢印を引っ張って適当に配置。

f:id:ishn:20180605014701p:plain

VR のカメラを入れる。中央上の Import Assets から CoreVR を追加。

f:id:ishn:20180605014753p:plain

Assets にロードされたら、ツリーを辿って VRCameraRig を見つける。これをまたキャンバスに D&D 。

現時点で Entities はこんな感じになっているはず。

f:id:ishn:20180605014758p:plain

VRCameraRig を選択した状態で右側の VRCameraRig のうち CurrentCameraRig にチェックを入れる。

f:id:ishn:20180605014802p:plain

この辺りまでちょっとついて行けないという人はもう少し丁寧なステップがチュートリアルに載っているので参照してください。https://docs.sumerian.amazonaws.com/tutorials/create/beginner/getting-started-vr

VR カメラも移動する。Oculus Go を被る予定の位置にするのが没入感高くておすすめ。

f:id:ishn:20180605014824p:plain実はもうほぼ完成している。

左上のメニュー Scene -> Publish から Scene を公開する。この URL をメモしておく。

f:id:ishn:20180605014829p:plain

Oculus Go で体験する

さっきの URL をなんとかして Oculus Go に持っていく。自分は Google Keep を使った。

f:id:ishn:20180605014832p:plain

Oculus Browser で開くだけ。

f:id:ishn:20180605014835j:plain

右下のゴーグルアイコンから開始。

f:id:ishn:20180605014838j:plain

これで実際の家具を買う前に感覚を知ることができますね。すごい時代だ! f:id:ishn:20180605022318j:plain

(残念ながら Oculus Browser 経由の VR (WebVR) は録画できなかった。)