termdownでポモドーロテクニック

30分とか短時間で集中して作業するのが効果的らしい。まわりの人も結構やってたので私もやっている。termdownというツールが良かったので備忘録として書く。

ポモドーロテクニックとは - はてなキーワード

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門 | Staffan Noeteberg, 渋川 よしき, 渋川 あき | 本 | Amazon.co.jp

集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

手順

1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
5. 後は上記を繰り返す

ただし、いまいち良いアプリが無い。

欲しいキッチンタイマーアプリ:

  • 環境非依存
  • 変なイラストとかが入らない

探してみたところ、termdownというコマンドが要件を満たしていた。

インストール

python製であり、pipでインストールできる

sudo pip install termdown

使い方

termdown -a -b -c 10 --no-figlet 25m
  • -a, --alt-format: 付けないと、"24m 28s"みたいな表記になる
  • -b, --bliknk: 終了時目立つようにする
  • -c, --critical N: 最後のN秒を赤字にする
  • --no-figlet: デフォルトだとアスキーアートで表示されるのだが、場所をとるので表示しないようにできる

ターミナルのウィンドウを専有させて、文字サイズを大きめにし、Always on Topしておくと便利。

f:id:ishn:20151118104220p:plain

関連記事

ishikuro.hateblo.jp