debian USBメモリインストーラ

せっかく前回CLFSブートCDを作ったのだが、なんと起動できなかった。Knoppixも駄目。IDE光学ドライブ+SATA HDDはLiveCDにとって鬼門のようだ。すごーく面倒なのでLiveCDは諦めて、以前使っていたIDE HDDにDebian入れてベースシステムにする。amd64版にした。
http://www.jp.debian.org/releases/stable/i386/apas02.html.ja#howto-getting-images-usb
http://www.jp.debian.org/releases/stable/i386/ch04s04.html.ja

boot.imgをUSBに書き込む

まず、適当にgzを伸張する。その後これを使って書き込む。
Linuxの起動イメージファイルをWindowsで展開するには
DDforWindows

iso配置

USBメディアにdebian-40r6-amd64-businesscard.isoを入れるだけ。
全部で256MBに収まるかもしれん。

インストーラ起動

再起動後、USBメモリで起動するようにBIOSで指定して

boot: installgui

でGTKインストーラ起動。

失敗!

DHCPの自動設定を失敗する。解決策は簡単で、etchやめてlennyをインストールすること。
http://www.debian.org/devel/debian-installer/
こちらの同じ名前のファイルで作り直した。
DHCPは正常に設定できたし、etchインストーラで読み込めなかったSATA HDDが読み込めた。

インストールパーティション

IDEの旧HDDにベースとしてのDebianを入れようと思っていたがせっかくSATAが使えるのだから、SATAのほうの第2パーティション(swap用の5GB(当初の予定))にベースDebianを入れて、旧HDDは使わないようにした。つまり、swap無しでLFS構築してみる。実メモリ2GBだから問題ないことを願う。LFSが完成しベースDebianを破棄したらswap復活させる。

起動時

/etc/X11/xorg.confが全然設定されていないので旧HDDをマウントして設定をコピーし、

 Driver         "vesa"

にした。

ずいぶん簡単かつ確実になったもんだなぁ。
potato(2.2)のころ、初めてのLinuxでフロッピー十数枚用意して一晩かけてDebianインストールしてたよ。